Menu

トイレが流れない時の対処

配管

自力では無理なこともある

トイレは家族全員が毎日、そして何度も使用するものなので、時に詰まってしまうこともあります。トイレ詰まりでよく取られる対策は、ラバーカップの使用です。シュポシュポやスッポンとも呼ばれています。このラバーカップで水流を起こし、詰まっている物体を通りやすい状態にします。また、お湯を注いで時間をおき、柔らかくして流れやすくするという方法もあります。しかし、トイレ詰まりを自力で解決するのが難しいケースがあります。それは、トイレの排水パイプの奥側でトイレ詰まりを起こしている場合です。水洗トイレは便器の中に水を張る必要があるため、排水パイプは一度上向きになっています。そして、急カーブを描いて下側に流れるような構造になっているのですが、このカーブの部分(セキ)は細くなっています。要するに、セキの部分はトイレ詰まりを起こしやすい箇所ということになります。セキやその手前であれば、ラバーカップでも何とかなるかもしれませんが、セキより奥側でトイレ詰まりを起こした場合、ラバーカップの力は及びません。修理業者に連絡した方が良いです。修理業者は高圧洗浄機などの専用機器を使って、トイレ詰まりを速やかに解消することができます。トイレが使えない状態は大変不便です。特に、高齢者や体調を崩している人にとっては、公共施設やコンビニのトイレを利用するために簡単に出掛けることはできません。早急に解消してもらう必要があります。トイレの修理業者は、依頼するとすぐに駆け付けてくれます。費用の相場は8,000円程度が多いですが、中には2,000円や5,000円程度でできるところもあります。普段からトイレ詰まりなどのトラブルに備えて、修理業者をピックアップしておくことも大切です。